未分類

2021年度総会資料の公開とご審議のお願い(~2022年3月31日正午)

2021年度の障害科学学会Web総会を開催いたします。

下記2021年度総会のページよりご確認ください。異議申し立ての期限は2022年3月31日正午です。

よろしくご審議ください。

「2021年度総会ページ」


2021年度大会研究発表のページを公開しました(~3月26日)

研究発表ページへのリンクからページを参照ください。

研究発表要旨集と質問・意見提出フォームにアクセスいただけます。

研究発表ページへ


2020年度大会研究発表のページを公開しました。

19件の研究発表が実施されています。下記より要旨集にアクセスください。

2020年度大会研究発表のページ


2019年度大会発表要旨公開のお知らせ

大会発表要旨を公開しました。下記をクリックしてご覧ください。

2019年度障害科学学会大会研究発表要旨集

 


【緊急・重要】新型コロナウイルスへの対応:2019年度大会の縮小実施について

指定感染症である新型コロナウイルスの日本国内での感染拡大を懸念し、2019年度大会について、安藤隆男先生の最終講義のみの縮小実施とし【安藤先生の最終講義も中止となりました】、他の行事日程については下記の通りの対応といたします。

なお、来場予定の皆様にお願いいたします。

※発熱等、風邪のような症状のある方は参加をご遠慮ください。

※手洗いや咳エチケットの徹底など、感染拡大防止につながる行動にご協力をお願いします。

※マスク・消毒液が入手困難な状態が続いておりますので、会場にご用意ができません。各自で必要に応じてご準備ください。

2020年2月21日

2020年2月23日修正

障害科学学会事務局


(1)ポスター発表は会場でのポスターの掲示並びにディスカッションを取りやめ、抄録の提出及びWeb公開をもって発表と認めます。なお、発表費の徴収は行いません。
(2)障害科学専攻学生のデザイン発表・交流は中止とします。
(3)前年度受賞者講演は中止とします。
(4)理事会は事前にメール審議とする。
(5)総会は中止し、議事内容のWeb公開と会員からの文書による意見の聴取により議決確認・承認とする。
(6)安藤隆男先生の最終講義は当初設定の時間 (15:30~17:00) で実施いたします。最終講義も中止の判断となりました。
(7)学会主催の懇親会は中止といたします。

(感染症対応修正版)2020年度障害科学学会プログラム を確認ください。

当日の受付・開場:14時30分~ 2H101教室

※当日は、受付での年会費・発表費の納付対応はいたしません。振り込み・振り替えでのお支払いをお願いいたします。

 


 


障害科学学会第14回仮総会のご報告と議事承認のお願い

障害科学学会第14回総会仮総会報告

障害科学学会第14回総会が平成31年3月2日(土)に筑波大学(第2エリア2H201)にて開催されましたが、出席者は議事についての審議を開始した時点で定員数に達せず、仮総会となりました。以下に仮総会での決定事項を示します。これらの決定事項につきまして、反対意見がございましたら、4月末日までに学会事務局まで文書にてその旨申し出てください。正会員の過半数の文書による反対があった場合に、総会の決議としての効力を失うこととなります。

なお、総会資料は2018年度総会資料からご確認ください。

●日時:平成31年3月2日(土)12:20~12:50
●場所:筑波大学 第2エリア2H201

 

Ⅰ 開会の辞
米田事務局長より、学会規則による定数に達していないため、総会が未成立であることが宣言され、第14回総会が仮総会として開催された。

Ⅱ 会長の挨拶
四日市章会長より、総会開催に当たっての挨拶が述べられた。

Ⅲ 議長の選出
慣例により事務局長が議長となることが提案され、異議なく承認された。

Ⅳ 議案
米田宏樹事務局長の司会により、以下の議事が進行された。
1.平成29年度総会議事録(案)の確認(資料1)
前回の議事要旨が示され、原案通り承認された。

2.平成30年度事業報告(案)(資料2)
資料に基づき、以下の事業報告(案)が提案され、審議の結果、原案通り承認された。
1)刊行事業:機関誌43巻の刊行・42巻のつくばリポジトリおよびJ-STAGE掲載、会報12号、研究発表会論文集の刊行(冊子媒体を廃止し、Web掲載のみとした)

2)定例事業:第14回総会、研究発表会、講演会(最終講義)、受賞者講演、若手研究者、優秀研究者、優秀実践者への顕彰
3)その他:学会のあり方に関する検討

3.平成30年度決算(案)(資料3)
資料に基づき、決算(案)が提案され、審議の結果、原案通り承認された。

4.2019年度事業計画(案)(資料4・5・6)
資料に基づき、以下の事業計画(案)が提案され、審議の結果、Web総会の開催以外については、原案通り承認された。Web総会の開催の提案については、学会規約の改定を含め、次年度総会まで検討を継続することとなった。障害科学研究第44巻よりJ-STAGE登録料として1論文あたり10,000円を著者が負担する提案については、研究費での支払いができるよう各大学の会計の在り方に応じた柔軟な対応が望ましい旨の意見が会員より述べられ、検討していくこととなった。

1)刊行事業:機関誌44巻の刊行(掲載の際にはJ-STAGE登録料として1論文あたり10,000円を著者に負担してもらうこととする)・43巻のつくばリポジトリ・J-STAGE掲載、会報13号の刊行、研究発表会論文集の刊行

2)定例事業:第15回総会、研究発表会、講演会・シンポジウム等の開催、受賞者講演の開催、若手研究者、優秀研究者、優秀実践者への顕彰
3)その他:学会のあり方(会費・大会発表費等の改定を含む)に関する検討

5.2019年度予算 (案)(資料7)
資料に基づき、2019年度予算(案)が提案され、審議の結果、資料一部修正の上、原案どおり承認された。

6.入会・退会の報告(資料8)
平成31年2月6日現在、会員総数は773名であることが報告された。また、新入会員32名(一般会員11名・学生会員20名・学域会員1名)の入会と退会会員7名(一般会員7名)の退会が報告された。

7.2019年度総会開催日について
2019年度総会の開催は、2019年3月7日(土)筑波大学筑波キャンパスと提案され、審議の結果、承認された。Webへの資料掲載・審議によるWeb総会の提案については、学会規約の改定を含め、次年度総会まで検討を継続することとなった。
8.その他
なし

Ⅳ 閉会の辞
米田事務局長より、閉会の辞が述べられた。

 


3月2日、お車でお越しの皆様へ

3月2日の障害科学学会大会当日は、本部棟南側のゲート付き駐車場(K5)(筑波大学中央バス停そばのバス・ロータリーそばの大きな駐車場です)をご利用ください。朝6時より終日、ゲートを開放いたします。
※翌朝6時にはゲートが閉じられますので、一晩留置きはご注意ください。


2018年度障害科学学会大会プログラム・研究発表要旨集のページを公開しました。

2018年度障害科学学会大会プログラム・研究発表要旨集ページ


【文書配布】2018年度大会日程・発表申し込み等のお知らせ

2019年3月2日(土)開催の障害科学学会2018年度大会・総会の実施詳細についてお知らせいたします。

大会開催のご案内

ならびに

各種通知文の配布

障害科学学会会員 各位

新春の候、時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。日頃は学会の活動にご支援を頂き、誠にありがとうございます。

さて、3月2日に開催いたします2018年度大会の御案内を差し上げます。今回の大会では、総会、前年度の学会賞受賞者による講演、研究発表会、懇親会に加えて、園山繁樹先生の最終講義が予定されております(「プログラム概要」・「ポスター発表申し込み」については、本ページ末ファイルをご参照ください)。

また、今年も、筑波大学大学院人間総合科学研究科障害科学専攻1年生から発表希望者を募り、修士論文のデザインをポスター発表してもらう予定です。

本学会は人間系障害科学域・障害科学系・心身障害学系に関係する教育組織にかかわる同窓会としての役割も有しております。この大会を、旧交を温める機会としても御利用頂きたく、奮って御参加をお願い致します。

なお、障害科学に関する研究を積極的に行い、将来有望な若手研究者(所属会員に限る)に贈る研究奨励賞の候補者推薦書と、障害科学及びその関連分野の実践等において優れた業績をあげた者(所属会員に限る)に贈る実践賞の候補者推薦書を本ページ末にご用意いたしました。2018年度大会において、表彰式を行う予定でおります。こちらにつきましても、よろしくご推薦ください。

会員の皆様には、今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い致します。

2019年1月10日

障害科学学会  

会長 四日市 章

※学会案内各種通知のダウンロード※

(1)大会プログラム概要2018年度障害科学学会プログラム

(2)研究発表案内(ポスター発表募集・発表要領)2018年度研究発表案内

※研究発表の申込締切は2月4日(月)、原稿提出締切は2月11日(月)正午です。

(3)研究奨励賞推薦状(1月31日(木)必着)障害科学学会奨励賞推薦状

(4)実践賞推薦状(1月31日(木)必着)障害科学学会実践賞推薦状

 


障害科学学会第13回総会仮総会のご報告と議事承認のお願い

障害科学学会第13回総会仮総会報告

障害科学学会第13回総会が平成30年3月3日(土)に筑波大学(第2エリア2H201)にて開催されましたが、出席者は議事についての審議を開始した時点で定員数に達せず、仮総会となりました。以下に仮総会での決定事項を示します。これらの決定事項につきまして、反対意見がございましたら、平成30年4月20日までに学会事務局まで文書にてその旨申し出てください。正会員の過半数の文書による反対があった場合に、総会の決議としての効力を失うこととなります。
なお、当日の総会資料につきましては、29年度総会資料20180303をご参照ください。
●日時:平成30年3月3日(土)12:15~12:45
●場所:筑波大学 第2エリア2H201

Ⅰ 開会の辞
  米田事務局長より、学会規則による定数に達していないため、総会が未成立である旨案内があり、第13回総会が仮総会として開催された。

Ⅱ 会長の挨拶
  四日市章会長より、総会開催に当たっての挨拶が述べられた。 

Ⅲ 議案
加藤靖佳監事の司会により、以下の議事が進行された。
 1.平成28年度総会議事録(案)の確認(資料1)
   前回の議事要旨が示され、原案通り承認された。
 2.理事改選・新体制(案)(資料2)
   資料に基づき、平成30〜32年度の役員事務局体制が示され、審議の結果、原案通り承認された。
 3.平成29年度事業報告(案)(資料3)
   資料に基づき、以下の事業報告(案)が提案され、審議の結果、原案通り承認された。
1)刊行事業:機関誌42巻の刊行・41巻のつくばリポジトリおよびJ-STAGE掲載、会報11号、研究発表会論文集の刊行
   2)定例事業:第13回総会、研究発表会、講演会(最終講義)、受賞者講演、若手研究者、優秀研究者、優秀実践者への顕彰、学会役員の改選
   3)その他:学会のあり方に関する検討
 4.平成29年度決算(案)(資料4)
   資料に基づき、決算(案)が提案され、審議の結果、原案通り承認された。
5.平成30年度事業計画(案)(資料5・6・7)
   資料に基づき、以下の事業計画(案)が提案され、審議の結果、原案通り承認された。
1)刊行事業:機関誌42巻の刊行・41巻のつくばリポジトリ・J-STAGE掲載、会報11号の刊行、研究発表会論文集の刊行
   2)定例事業:第13回総会、研究発表会、講演会・シンポジウム等の開催、受賞者講演の開催、若手研究者、優秀研究者、優秀実践者への顕彰
   3)その他:学会のあり方(会費・大会発表費等の改定を含む)に関する検討
 6.平成30年度予算 (案)(資料8)
   資料に基づき、平成29年度予算(案)が提案され、審議の結果、資料一部修正の上、原案どおり承認された。
7.入会・退会の承認(資料9)
   平成29年2月13日現在、会員総数は752名であることが報告された。また、新入会員38名(一般会員11名・学生会員27名)の入会と退会会員6名(一般会員5名・学会会員1名)の退会が示され、審議の結果、承認された。
8.平成30年度総会開催日について
   平成30年度総会の開催は、平成31年3月2日(土)筑波大学第2エリアと提案され、審議の結果、承認された。
 9.その他
   なし

Ⅳ 閉会の辞
  米田事務局長より、閉会の案内が行われた。